webライター

【クラウドワークス】クラウドカレッジwebライターコース受講すると得られる5つのメリット

私は今年の1月からwebライターとして活動をはじめました。

きっかけはnote書いていますので、良かったら御覧ください。

webライターとして経験もなく、文章の書き方もしっかりと学んだことのない私は、元々案件を受注していたクラウドワークスのクラウドカレッジのwebライターコースを受講し、勉強しようと決めました。

今回は私はクラウドカレッジのwebライターコースを受講して感じた5つのメリットをお伝えします。

クラウドカレッジwebライターコースとは

クラウドカレッジwebライターコースとは

Webライターコースとは、クラウドワークスでWebライターとして仕事をしていきたい方のための4週間のスキルアッププログラムです。

クラウドワークス公式Webライター検定2級の動画教材と本コースオリジナルの課題シートを通して、集中トレーニングを行っていきます。

4週間の活動は受講生限定のグループチャットを作成し仲間と一緒に活動していきます。

また、現役の先輩ライターにもご参加いただき、皆さんの課題の添削や質問回答をしていただきます。

コースの最後にはクラウドワークス公式のライター検定2級を受験いただき、検定合格バッジの獲得と、Webライターとして継続的に仕事ができる状態目指します。

https://crowdcollege.crowdworks.jp/writer_application

参加費用は18,000円(税抜)です。
この中にWEBライター検定2級受験料含みます。

webライターは資格の必要としない職業です。
色んな本を読みましたが、日本語が書けて、インターネットが使える環境とパソコンがあれば誰でもなれますし、名乗れます。

正直、名乗ってしまった者勝ちです。

しかしこのようなwebライター検定というのもあるので、しっかりと日本語や構成なども学ぶこともできます。

webライターとして何の知識もないよりは、少しでもこれからの仕事に役立つならと、受講することを決めました。

noteにも詳しく書いています。

この講座を受けるのにオススメな人

クラウドカレッジのサイトではこのように記されています。

Webライターとして仕事をしていきたい方
独学でなかなか学習がうまくいっていない方
Webライティングを体系的に学んでいきたい方
Webライティングに関する情報交換ができる仲間を作りたい方
クラウドワークス公式Webライター検定2級の合格バッジを獲得したい方

https://crowdcollege.crowdworks.jp/writer_application

今は文章の本もたくさんありますし、以前も紹介しましたがYou Tubeでも無料でノウハウが公開されています。

しかし、独学では不安なことも多くありますよね。

このコースではメンターさんからの添削も受けられますので、自分の文章の癖などに気づくことができます。

実際私も添削を受けて、自分の文章の癖やねじれに気づくことができました。


そしてクラウドワークスでお仕事を受注するのであれば、2級に合格しているとプロフィールにバッチが付きますので、クライアントにアピール材料にもなりますよね。

正しい文章力が身につく

ここはwebライターコースの3級の検定にも含まれることなのですが、基本的な文章の書き方を学ぶことができます。

あなたは、学生時代に学んだ国語の文法は覚えていますか?
私は全然覚えていません。

主語と述語の関係とか、修飾語や被修飾語。
動詞や副詞、形容詞など、この講座を受講して久しぶりに聞いた言葉でした。

自分のブログではそこまできっちりと正しい文章を書かないと!とはあまり考えないですよね。
しかしこれが、仕事だとしたらどうでしょうか。

お金を頂いて、記事を書くのですから正しい文章を書かないといけませんよね。
正しく書けていないと何度も修正が入るだろうし、クライアントの信頼関係も悪くなります。

正しい文章書き方を学ぶことで、自信を持って執筆することができるようになります。

私が最近読んでオススメの本も紹介しておきます!

この本は初心者向けに書かれた本で読みやすかったです。

こちらの本はwebライターコースのメンターさんがおすすめしてる本です。
私はKindle版で購入しましたが、webライター初心者さんにはとてもおすすめです。

webライターの検定をクラウドワークスと合同で作っている、㈱グリーゼさんが出版されてる本です。

文章の表現の幅が広がる

2級では、さまざまな文章の表現を学べます。

例えば形容詞や、擬態語や擬音語を使うなど表現力豊かに書くと、読者の心にささる文章になります。
全て具体的に書くということが目的です。曖昧な文章だとわかりにくいですよね。

このコースを学ぶことで、色んな表現を多用できるようになります。

伝わる文章が書けるようになる

2級を学習する1番の目的は「伝わる文章を書く」ということです。

webライターも仕事もそうですし、個人のブログもそうです。

表現が曖昧になっていないか。詳しく書かれているのか。
読者に何を伝えたいのか、どうしてほしいのか。
そして読者の答えは書かれているのか。

あなたはなぜこの記事を読んでいますか?

「クラウドワークスのwebライターコースって、どういうのなんだろう?」
「受講するとどんなメリットがあるんだろう?」

そこが気になってこの記事を読んでるのではないでしょうか?
もしそうだとしたら、私はこの記事を書いた意味があるということです。

文章の構成を学べる

webライターコース2級では、3級では学ぶことができない構成を学べます。

文章を書く上で、構成はとても大切です。
この記事もそうですが、タイトルや序論、見出しや小見出し、結論があります。

構成を考えずに書く文章は、まったくまとまりのない文章になってしまうでしょう。
構成をしっかり考えてから文章を組み立てていくと、執筆速度も上がるし、ターゲットのぶれない記事を書くことができます。

2級の学習の中で1番難しい部分ではあります。
正直まだまだ構成は奥深く、学習が必要です。

それでも2級で構成を学べて、文章の組み立てが楽になったのは事実です。

ライターの横の繋がりができる

クラウドカレッジを受講すると、Slack内でやり取りをするようになります。

私が受講した2月期は50名以上の受講者がいました。
人数が多いので、グループを2つに分けていましたが、そのグループ内でやり取りをすることができます。
主に毎日提出する日報にスタンプをつけたり、コメントを残したりして交流します。

他の方の学習のすすめ方も日報で確認できて、「私も頑張らないと!」とモチベーションを上がります。

メンターさんも言ってましたが、webライターは孤独な職業です。
一人で黙々と作業するだけですからね。
でも横の繋がりがあることで、この孤独感から開放されます。

全く孤独感がなくなるわけではありません、結局1人で作業しますからね。
でも横の繋がりがあるだけで、みんな頑張ってると思えたり、困った時は相談できたりします。

こうして知り合えたのもご縁だなと思うので、高め合える仲でいられたらと思います。

まとめ

いかかでしたか?

今回はクラウドカレッジの、webライターコースを受講して得られるメリットを、5つ紹介させていただきました。

有料の講座なので、あまり細かい内容をお話できないのが残念です。
もし気になる方がいたらぜひ、クラウドカレッジwebライターコースを受講してみてください。

https://crowdcollege.crowdworks.jp/writer_application

はじめましての方はこちらからどうぞ♪

ABOUT ME
めみ
webライター|整理収納アドバイザー 義父の介護をしながら子育てしているアラフォーママです。 元汚部屋出身ですが整理収納を学び、頑張らなくても家族が快適に過ごせるように。 2020年念願のマイホームを建てました。